読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楊州飯店

今日は職場の人(女性)に連れられ、ステキなお店に行ってきました。

本場台湾料理のお店。

台湾は一度きりしか行ったことないし、まともな台湾料理食べてないし。

台湾料理ってどんなのだろう?という期待と

インターネットで見たお店自体の「味」に朝からわくわく。

その方とは課が違うし仕事上の接点はほとんどないので

(ミニ土偶を頂いたのがお近づきになるきっかけ)

お店へ向かう車内で結婚してるの?とかどんな音楽聞くの?なんて自己紹介が始まる。

(そこで矢野顕子はっぴいえんど、ニールヤングという接点があることがわかる。)

映画おたくで美術好きで音楽好きで本好き・・・らしい。

昨日急に決まった話なので大丈夫なのかな、と思うと

娘は成人してるし夫も(もちろん)成人しているので全然自由とのこと。

今週も木金は2日連続でオペラ鑑賞だとか!

いいね。オペラ観たことないけど。

お店は期待以上のステキさでした。

なにしろ料理が美味しくて安い。

テーブルに飾ってあるのは花ではなくバジルの葉っぱ。

(「食べてもいいよ~」とおばさん。)

おいてあるメニューとか、テーブルクロスとか、

こまごまとしたところがもうかわいらしい。

余った料理は打包(持ち帰り)してくれるし。

仕事帰りにちらっと寄れる場所だし。

ああ、もっと早く知っていれば。

というのがただひとつのマイナス点。

楊州飯店の画像

楊州飯店の画像

楊州飯店の画像