読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイッチ

自分のきれるスイッチは大小たくさんあるけれども、

そのうちのひとつ、自分で気づいているものに

「女なんだから」

「女のくせに」

スイッチがある。

例えば「女なんだから料理くらいしろ」と言われたら

スイッチがかちっとはいって、やらない。絶対にやらない。

でも「いい大人なんだから料理くらいしろ」と言われたら

はっ、その通りでございます、申し訳ありませんーーー

と素直に反省して、すると思う。

ふたり姉妹でふつうに育ってきたつもりだけど

どうにもいろいろ理解できないことが多い。

友人には「日本の文化だから」と言われた。

そうなんだろうね。

どうしてこのスイッチがあるのかもよくわからない。

自分は別に男っぽくもないと思うし、

すごくかたい信念とかがあるわけでもない。

化粧も(一応は)するし、お菓子作り好きだし、人には甘える。

ただ自分は自分なりにふつうに生きてるつもりで、

それを「おかしい」は…まあ我慢するとして、

「いけない」「だめだ」とは言われたくないなあ。

(「お菓子作りなんて女の子らしいね」と言われたら

「パティシエは男が多い」とか言いそう。面倒くさい人間。)

今ふと思ったのはたぶん自分の自信のなさに起因してて、

何かができるからOK、とか

何か持ってるからOK、とかいう条件なしに

まるっと認めてほしいということなのかも。

ああそうかも。

(注:飛躍しているようで自分のなかではつながってます)

じゃあなんで大人なんだから…はいいのか。

あえて大人らしくしてないという自覚があるからかも。

失われた10代を今取り返して(るかのように好きなことをして)いるから。

(結局好きなことはそんなにはできてないけど、まあそれなりに、小さいことで。)

ああ、つくづく面倒くさい。

まあ明日になれば言ってることがコロッと変わるかもしれない。

変わらないかもしれない。

もともと矛盾が多いのは自覚済み(開き直り)。